スポンサーリンク

vol.2 顕正会に入信をしたあの日

スポンサーリンク
顕正会物語
スポンサーリンク
いっちー
いっちー

いっちーと申します

僕は高校生1年生のときに初めて宗教の話を聞くことになりました

 

その宗教の名前は顕正会。。

 

最初は嫌々はじめましたが、22歳でやめるまでの青春のほとんどをつぎ込むことになりました

このブログは当時の自分自身の心境や心の実話をもとに伝えていきたいと思っています

 

そして、大人になったいっちーの

宗教とは人生とはいったい何なのかということを深く掘り下げていきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

入信報告書を断った恐怖
 
前回折伏という勧誘を受け3時間という死闘の末1度だけ体験という形で顕正会の事務所に向かうことになった。
 
 
 
車で向かう途中はとにかく不安しかなかったいっちーは多少不機嫌になていた
 
 
そんなことはまったく気にしないといった感じでベンツはご本尊様のある事務所についた
 
 
エレベーターを上がりエレベーターが開いた瞬間にとてつもない後悔におそわれた
 
 
どこからともなく、、、
 
 
爆音で『南妙法蓮華経』という声が聞こえてきた
 
 
正直に言って気持ち悪さと恐怖が混ざった嫌な感じ
 
 
なにこれ、怖い、きもい
 
 
そして1枚の紙を渡された
 
 
 
 
 
 
その紙にはこう書かれていた
 
 
 
 
 
【入信報告書】
 
 
 
 
 
それを見た僕はすぐさま
 
「やりません。
 
1度試すとは言いましたが入信するとは聞いてません」
 
と伝えた
 
 
 
すると、今まで温和でユニークなおっちゃんだったイシイさんの表情が一瞬にして般若のごとく変わったのを覚えています
 
 
ちょっとオーバーですが表情と照らし合わせるとこんな感じ
 
 
「テメーここまで来て四の五の言ってんじゃねーぞ!!
テメーは言われた通り書けばいいんだよ
殺すぞこら」
 
 
ちょっとオーバーですがwwまったくのウソというわけでもない件(笑)
 
 
当時高校1年生だったぼくは気迫にビビって入信報告書に書いたのでした
 
 
 
 
 
そのあとはまた温和なおっちゃんに戻ったイシイさんは僕にお数珠と教本をくれ仏間へと案内されたのでした
 
 
 
仏間に入ると20人くらいの人たちが真剣に大声でお経を唱えていました
 
 
 
こわい。。怖いよう(´;ω;`)ウゥゥ
 
 
頭がおかしくなりそうだ
 
 
 
何とか恐怖を乗り越え、折伏の時に聞いていたご本尊様といわれる掛け軸に一礼して入信勤行が始まりました
 
 
 
 
 
 
 
はじめての勤行
 
ご本尊様の前に案内され一番前に座らされた
 
 
説明を受けてはじめての勤行が始まった
 
 
『にーじーせーそん・じゅうさんまい、、、』
 
 
教本にはフリガナが書いてあったけど中々ペースを合わせて読んでいくのは難しかった
 
 
勤行が20分ほどで終わり、先導をしてくれた原さんから浅井先生という顕正会の会長からのメッセージが読み上げられた
 
 
全部で30分くらいだっただろうか
 
 
僕の足は完全に痺れていたww
 
 
 
 
 
ぼくはどちらかというとチャラい性格ではあるが根は真面目なんだと思う
 
あれほど嫌がっていた勤行だが始まるとかなり真剣にやった
 
 
 
だって、願い事が叶うっていうんだもん(*’ω’*)
 
 
 
途中5分間ただただ『南妙法蓮華経』と繰り返すところがある
 
その時にああなりたい、こんなことがあったらいいなぁということを何でもいいから念じろと言われていた
 
 
 
僕は精一杯に2つのことを祈願していたのを覚えている
 
 
 
ひとつは、お金持ちになりたー――――い!!!!
 
 
もうひとつが、もてたーーーーーーーーーい!!!!!
 
 
 
 
そんな感じで無事入信勤行を終えることができた
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入信勤行を終えた帰り道
 
 
やくそく通り車で送ってもらう帰りにはイシイさんは機嫌も良くなってさらに陽気でユニークなおっちゃんになっていた
 
 
 
車の中でイシイさんが聞いてきた
 
「いっちーやってみてどうだった?」
 
 
 
僕はこう返した
 
「はい、宗教っていう感じでしたね
とりあえず1回やったのでもういいです」
 
 
 
するとイシイさんが言った
 
「せっかくやったのに勿体ないよな
お前もし1週間やってみてなんにも良いことなかったら何でも買ってやるからやってみたら??」
 
 
 
そしていっちーは答えた
 
「えっ??マジっすか??
やりますやります
1週間やってなんも変わんなかったら絶対なんか買ってもらいますからね」
 
 
 
 
 
 
この時、この瞬間でぼくの人生は大きく変わってしまった
 
 
今思えばこの瞬間はもっともあとくされなくやめれるチャンスであった
 
 
断言しよう
 
 
この瞬間でやめていたら僕の人生はまったく違うものになっていた
 
 
それがいいか悪いかはパラレルワールドなのでわからないが今はこれだけは言えよう
 
 
後悔していると
 
 
 
 
 
 
こうして僕は無事に顕正会に入信し、無事に顕正会員として勤行を続けることになった
 
 
 
 
 
 
いっちー
いっちー

最後まで読んでくれてありがとうございます

 

宗教論については徐々にこちらのブログでも書いていきたいなぁと思っています

当時はネットが普及していなかったことあり、若輩者の僕はかなり遠回りな人生を送ってしまいました

それでもぼくの経験がネットを通して誰かの人生のお役に立てればとブログを書き始めました

応援よろしくお願いいたします

 

 

 

 

一日ワンクリックで入信しよう(笑)

ブログ村のランキングバーナーです

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
 

 
 
 
 
 

押していただけると更新頻度が上がります(笑)

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました