スポンサーリンク

vol.4 顕正会を続けているもう一つの理由

スポンサーリンク
顕正会物語
スポンサーリンク

 

いっちー
いっちー

いっちーと申します

僕は高校生1年生のときに初めて宗教の話を聞くことになりました

 

その宗教の名前は顕正会。。

 

最初は嫌々はじめましたが、22歳でやめるまでの青春のほとんどをつぎ込むことになりました

このブログは当時の自分自身の心境や心の実話をもとに伝えていきたいと思っています

 

そして、大人になったいっちーの

宗教とは人生とはいったい何なのかということを深く掘り下げていきたいと思います

 

 

 

 

 

入信の理由と顕正会を続けているもう一つの理由
 
前回に入信するときの話を書いているわけではあるが実はあくまでも自分の中でということではあるが明確な理由がほかにもあった
 
 
 
1番の理由は勧誘がしつこかった
食べた御飯のお金を払えなかった(払えとは言われていないが怒って帰ることもできず)
歩いて帰るのが面倒などがあるがぼくはどちらかというとめっちゃ考えて行動するタイプだ
もちろんこれだけの理由ではやらない
 
 
 
実はちょっと運命的なものを感じていたというのが根底にあったのだ
 
 
僕は結構理詰めで話をするタイプで
感情でむやみに行動したりはしないのだ
 
 
折伏の中で話を聞き、色々な質問をしている中でこの仏法をやらなければ地獄に落ちるといわれていた
 
まぁ顕正会から折伏をうけたことのある人なら10回くらいは言われていると思うww
 
話しを聞いてみるとなんでも地獄は8個に別れていて仏法をやらないといことは謗法にあたりその中でも1番罪の思い無間地獄というところに落ちるのだとか( ;∀;)
 
そんなことは知らないままに死にたかった(笑)
 
 
 
 
 
半分笑ってしまう話ではあるが、仏法を実践して亡くなった人は現象として身体が白くなり軽くなり柔らかくなるのだとか
 
 
マジかーーーーー!!!!
 
 
本当だったらすごくね??
 
 
そして、それは死んでから分かるのではなく勤行を実践していくと生活に功徳としてめっちゃいいことが溢れかえってくるそうな
 
 
本当だったらすごくね??
 
 
死んでから成仏できるなら今生きている人生が大きく幸せにならないわけがないと。。
 
 
なるほど~(*’ω’*)
 
 
本当だったらすごいよね
 
 
そして、もし本当だったら地獄も本当か??
 
 
嫌だよ~地獄行きたくないよ~( ;∀;)
 
 
 
 
もう、聞く話し聞く話しうっそーんということばかり
 
 
こんなこと言っちゃって大丈夫なの??
 
 
ウソだったら会長さん潰されちゃうんじゃない??と心配したほどだ
 
 
 
そして、頭の中には友達のことが思い描かれていた
 
 
 
 
 
 
僕はちょうど顕正会に折伏をうけた前後数カ月が人生でかけがえのないほど充実していて幸せだった
 
そこには大切な友達の存在があった
 
 
僕は地獄と聞いたときに自分のこともあったが友達の存在が大きかった
 
ちょうど高校生ということもあり結構性格は武士だったww
 
あいつらに何かあれば俺はいのちを張って助けに行く
 
漫画の影響もあるが、高校生と言えば喧嘩や派閥争いもあったのでイザというときに逃げないようにこういうことを事前に心に決めていたのだ
 
 
 
 
 
そんなこともあってこの話を聞いたときに思ったのは本当だったらスゲーものだ。
むしろやらないと地獄行っちゃうか選択肢ないじゃん( ;∀;)
 
 
そして間違っていたならどうでもいいのでやめればいい
 
 
それにしてもお経を唱えるなんて仏さまはなんてめんどくさいことを発見してしまったんだとww
 
 
 
 
 
そして決定的な運命を感じたのが数日前にまったく同じ話を知らない人から駅で偶然聞かされていたということ
 
人生で宗教の勧誘なんて受けたこともない少年がこんなに短期間のうちに同じ宗教の話を2度も聞くということは運命ということを感じずにはいられなかった
 
 
 
 
 
これは入信勤行が終わって功徳が無かったら何でも好きなものを買ってやるからと1週間続ける約束をした時にも根底にあった
 
 
 
 
運命
 
 
 
 
そんな言葉に疑問を持つよりも、うなずいてしまう年頃だったのかもしれない
 
 
 
 
 
 
結局1週間やってみて自分自身で結果を見てみなければわからない
 
それができなければできない自分が悪い
 
 
 
 
一般的な人なら1週間決めて朝晩やることはそう難しくはないだろう
 
 
 
 
だけど、僕にとって勤行を継続するということは本当にありえないくらい大変で無理なことだった
 
 
それくらいめんどくさくてやりたくないものだった
 
 
 
 
入信して1週間後にイシイさんの家に行って、さらに1週間期間が延びてしまった
 
 
そして、それはいつまでも繰り返すことになり人生を大きく変えることになるとはこの時の自分はわからなかったんだ
 
 
 
 
 
 
いっちー
いっちー

最後まで読んでくれてありがとうございます

 

宗教論については徐々にこちらのブログでも書いていきたいなぁと思っています

当時はネットが普及していなかったことあり、若輩者の僕はかなり遠回りな人生を送ってしまいました

それでもぼくの経験がネットを通して誰かの人生のお役に立てればとブログを書き始めました

応援よろしくお願いいたします

 

 

 

 

一日ワンクリックで入信しよう(笑)

ブログ村のランキングバーナーです

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
 

 
 

押していただけると更新頻度が上がります(笑)

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました