スポンサーリンク

vol.53 折伏の思い出~オウム真理教編~

スポンサーリンク
顕正会物語
スポンサーリンク

なんか暇なんで昔の思い出でも書いてみようかと思う

折伏

あぁなんか懐かしい響きだなぁ(笑)

オウム真理教の人を折伏したことがあるので今日はそんな記事

 

 

スポンサーリンク

オウム真理教の元信者を折伏してみた

顕正会員として折伏をやっていくと非常に縁の薄い人に話をしていくことになる

例えば派遣会社に対象者(折伏相手)を探しながらお金を稼ぐというのは結構効率のいいことだったりするww

なんたって毎日が初めての人との出会いですから( *´艸`)

縁ある人にしか折伏するなと言われれば縁を作るしかないですもんね

 

 

 

しかし、派遣会社(日雇いの方)に来ている人はヤンキーかギャンブルで忙しい人ww

めっちゃ真面目そうで使えない人

リストラされて日銭を稼ぎに来ている人

オタクっぽい人

 

 

そんな人が多かった(*’ω’*)

そんな中であった人に折伏をすると、、、

 

 

 

さっきのカテゴリーで言えば真面目そうで使えない人

何だか妙に理屈っぽいなぁ~

そう思っていた

歳は当時で35くらい

(当時僕は17くらい)

森田君と仮名をつけよう(*’ω’*)

 

話を初めて何だかやけにきっちりと聞いてくれるなぁと思いながら話をしていた

そして一言

『あのさぁ

わたし実は一月前にオウム真理教から逃げ出してきたんだ

10代で出家して家族との縁を切り、オウム真理教で修行していた』

 

 

今から20年くらい前か??

アレフになっているよね(あんま覚えてないけど)

 

 

その人は出家してから15年くらいはオウム真理教に所属していることになるし、あの事件にはかかわっていないと言っていたが、ちょっと間違えれば実行犯になっていたとのこと

 

 

逃げ出す2年前ほどから徐々に不信感でいっぱいになり最後は着の身着のままで脱獄状態で逃げ出してきたとのこと

 

 

なんか言われればオウムっぽい感じもするがww

 

 

今は実家で暮らしながら第2の人生に向けて、とりあえず派遣に登録して仕事をしたところ僕の折伏ん引っかかったということ

 

 

宗教に対しての嫌悪感はあったものの、逃げ出し1カ月でまた勧誘されている奇跡ww

顕正会の得意とする唯一無二の宗教である

邪法では幸せになることはできない

この仏法こそが本物である

 

こういった得意文句がよくハマったのか最初は抵抗していたものの話をしていく中、また彼が自分の話をしていく中で最後は涙ながらの入信を決めた

 

しかしこの時の入信勤行は少し厄介だった💦

 

顕正会は超縦型組織

自分の意見なんて微塵も必要とされない

大切なのは日蓮大聖人への忠誠心と

浅井会長、顕正会に如何に迷惑をかけずにお役に立てるかの一点のみ

 

もちろん入信を決意して会館へ向かう前に連絡を入れた

 

『入信決断しました(何て言うんだっけ??決定だっけ??忘れちった💦)

でも一つ問題が、、、

オウム真理教からの脱獄者でした』

 

さぁ大変です

ちょっと待てとの指示を貰い上に上にと報告が進みます

危険分子は徹底的に排除するのが顕正会

慈悲の思いは浅井会長に迷惑をかけないの次に大事なもの

最終的に総支隊長との面談をへての無事入信勤行となりました

 

 

 

続く

 

 

いっちー
いっちー

最後まで読んでくれてありがとうございます

 

宗教論については徐々にこちらのブログでも書いていきたいなぁと思っています

当時はネットが普及していなかったことあり、若輩者の僕はかなり遠回りな人生を送ってしまいました

それでもぼくの経験がネットを通して誰かの人生のお役に立てればとブログを書き始めました

応援よろしくお願いいたします

 

 

 

 

一日ワンクリックで入信しよう(笑)

ブログ村のランキングバーナーです

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました